Archive

Archive for 11月, 2017

パーフェクトフード

11月 24th, 2017
コメントは受け付けていません。

好き嫌いのない私は食材に関しては、「何でも好き」ということになります。特に野菜が大好きだけど、果物もお肉もお魚も好きといった具合です。料理に関してはどんなものでもOKだし、調理方法もOKです。私には子供のときからずーっと食べ続けていても飽きない物があります。それは納豆です。料理雑誌には色々な活用メニューが載っていますけど、それに限っては何か調理をするというよりは、やっぱりシンプルに『ごはんに乗せる』のが一番です。本当に子供の時なんか、あとお味噌汁があれば大満足で、ごはんを何杯もお代わりしたことがありますもの。この前、読んでた小説にも納豆が大好きな男性が登場していて、彼は一切の野菜は嫌いで食べないのに、納豆だけは山盛りのネギを入れて食べれるんです。けど、私の周りにもそれに近いような人がいます。全ての栄養をそこから摂っているんじゃないかと思える人が。でも、意外にも理に適っていて、全てを補えるくらい栄養価が高いんですよね、納豆って。免疫力を高める働きがあるらしいから風邪の予防にもなると言われてるし、生活習慣病の予防にもなるんだって。そのうえ、美肌効果や便秘解消にもなるから女性には嬉しいことだし、疲労回復に効くビタミンB群や高血圧予防になるカリウム、骨を強くするカルシウムなども含まれているんだそうです。小説に出て来る男性と私の知人、それしか食べなくても、きっと大丈夫だって思えてきます。だって、納豆はパーフェクトフードなんですもの。

フリー

私の前世って?

11月 10th, 2017
コメントは受け付けていません。

テレビや本で時々取り上げられる『前世』っていう話。人間の輪廻転生の考えに基づいているんですよね。じゃあ、それがあるとして……自分の前世ってわかるものなんでしょうか。たぶん普通はわからないですよね。だって、知人から「私は前世で○○だったの」なんてことは聞いたことがないですもの。でも、今、読んでる小説に登場する女性は自分の前世について語ってるんです。それも驚くことに自分は『ヤツメウナギ』だったと。それを読んだところで『ヤツメウナギ』自体がどんな物なのかがわからないんですけどね。けど、彼女は「川底の石に吸い付いてユラユラしていたことを覚えてるし、上を見上げたら大きな魚が流れるように泳いでいたことや魚たちが鳥の餌食になるところを目撃したりした」と話してるんです。普通なら「そんなバカな」って笑い話になるところだけど、その小説では神妙に物語は進んで行ってるんです。もちろん小説であっても、その女性の話は有り得ないと思うんだけど、彼女が真面目に話してるんだから、もしかしたらあるかもしれないって思えるんです。なぜなら、以前、友人と博物館に古代遺跡の展示を見に行った時に、展示物を見ていたら突然、私は前世でここにいたことがあるって思ってしまったんです。友人に話したら「きっとそうだよ」なんて言うから、私も「まちがいない」って確信しました。けど、このことって他の人にしてみたら「そんなバカな」ってことだと思うんですよね。まぁ、誰かが害をこうむるわけじゃないから思うのは自由なんですけどね。だから『ヤツメウナギ』だって悪くはないんです。

フリー