Archive

Archive for 8月, 2016

劇的な片づけがもたらすもの

8月 26th, 2016
コメントは受け付けていません。

本屋さんの店頭には、片づけに関するものがすごく沢山あります。先日読んだ本には、部屋が片付くと人生も変わるって書いてありました。私は、時々片づけもするし、部屋の模様替えもします。けど、よくよく考えてみると、片づけと思っていたけど、本当の意味では片づけではなかったかもしれません。なぜなら、片づけの基本は要らないものを捨てることだって書いてあったからです。たまに、もう読まない本を古本として手放すけど、その他の物はけっこう押し入れにしまい込んでいます。どうもそれがダメらしいんです。押入れの片づけから始めましょうって書いてあったんですもの。大事な事は過去への執着をなくすことなんですって。そう言えば、過去に執着しているかもしれないなって思います。そして片づけは『過去に片を付けること』なんだって。なるほど。捨てることは選ぶことだから、それが常に出来るようになれば、人生でも正しい選択ができるようになるらしいんです。人生で何が必要で何が要らないか、何をやるべきで、何をやめるべきかが、はっきりとわかるようになるんだって。
今までの私の片づけは、押し入れの中の配置換えに過ぎなかったし、部屋にしたって物の位置をグルグル回しているだけですもの。ちょっと頭の切り替えをしなくっちゃ。そして、今度こそ、人生まで変わるような劇的な片づけに挑戦してみようと思います。

フリー

河川敷の白い花

8月 11th, 2016
コメントは受け付けていません。

この前、久しぶりに会った知人から何枚かの写真を見せてもらいました。それは、河川敷一面に咲いている白い花の写真です。川をはさんで反対側は今度は黄色い花が一面に咲いています。「わぁ、すごい。キレイ」と思わず声に出してしまいました。それはどこかというと、兵庫県の豊岡だということでした。以前、仕事で訪れた時にあまりの美しさに撮ったとのこと。その白い花は大根の花だそうです。黄色い花はカラシナの花。どちらも自生してるんだって。つまり、勝手に生えてるってこと。それがまたスゴイ!知人いわく、ちゃんと食べられる大根だそうです。「誰がが管理してるの?」って聞いたら、「自生って聞いたから誰も管理なんてしてないんじゃないか」って。じゃあ、勝手に抜いて食べてもいいってこと?うーん。これは未確認なのでわかりません。それにしても河川敷一面が大根畑になってるなんて、ほんとに驚きです。そして、この風景は地元の本にも載ってるんだって。その本のタイトルがまた変わってて『弁当と傘』っていうんです。このタイトルを聞いた時、私はいつか読んだ小説の中に同じようなことが書いてあったのを思い出しました。『弁当忘れても傘忘れるな』って言われてるって。たしか舞台は金沢だったと思うんだけど。なんでも、山陰地方から北陸地方までの日本海側はとても天気が変わりやすくて、晴れてると思っていても急に雨が降り出すことが多いことを表しているとその小説には書いてありました。勝手に咲いてるという大根の花、いつか見に行きたいな。そして、その風景が載ってるという地元の本も一度読んでみたいな。

フリー