おもしろいケータイ小説を見つけたら、そのまま一気に読んじゃう!手軽で読みやすいし、作家さんや他のファンの人と交流も取れたりして、なんだか小説がもっと楽しく読めちゃう気になります。

支えられ支えあい

7月 22nd, 2014
コメントは受け付けていません。

毎日生活していれば、積もる思いもありますよね。悔しい事憎らしい事、辛い事泣きたい事、その反対に嬉しい事笑いたい事、幸せな事もあると思います。泣きたい時は泣けばいいと思うんです。泣きたいのに我慢していると、余計もやもやしそうで。泣いて涙を流すのは、心の汚れを流してくれる物だと思っています。悔しい事や仕事のいらいらは、ぐちってもいい友達に少しだけ愚痴る事にしています。あまりつまらないことばかり言うと相手がかわいそうだと思うので。その代わり嬉しい事幸せな事はみんなで分かち合おうと思っています。小さなことでもいいんです。一緒に喜んでくれる友達がいると喜びが更に倍になります。お互いに愚痴って幸せを分かち合う、そんな関係がいいんです。何事もバランスだと思うんですが、アップダウンがあって当たり前。それも人生です。そんな時に助けてくれる友達もいるし家族もいる。辛い事があるときこそ、自分は一人ではないと確認出来る事があっていいと思うんです。周りのみんなに支えられ支えあい生きていくのがありがたい。だからくよくよせず頑張ろうと思う毎日です。自分の友達にもそう思ってもらえるような頼もしい、そして優しい人になりたいです。

フリー

森の中がマイブーム

7月 6th, 2014
コメントは受け付けていません。

私は温かい太陽が出ているときに外でよく小説を読んでいます。公園などで読むとちょっと一人ぼっちという感じがして寂しいのですが、外の空気に触れながら小説を読むと気持ちが清々しくなって集中できます。やはり小説は集中しなければ頭に入ってこないので、集中できる場所を探すのが良いのですよね。
特に家の近くには森があるのですが、その森ではのんびりと小説を読むことが出来ます。もちろんただの草木の上で読むのもよいのですが、最近は小さい椅子を持っていくことにしています。やはり外で読む小説は気持ちが良くてやめられません。
小説は家の中で読むことが多くなってしまいがちですが、外で読むことによってかなり集中することが出来ます。特に文字でできている小説は自分のイメージを最大限に活かせるところでなくては楽しめないので、集中力が数時間程度続くところが好きなのです。
集中力が切れた少し森をみて、空気を感じて、自然の音を聞くのがよいのです。川の近くなども音が一定で流れているので集中力を高めるには良いようです。疲れていても小説は読みたいという方もいると思いますが、そういった方は外で読んでみると良いと思います。これが楽しくて最近のマイブームになっています。

本に挑戦

小説のオフ会での話

6月 22nd, 2014
コメントは受け付けていません。

小説好きな方とオフ会をしてくるのが最近の私のブームになっています。オフ会と聞くと少し不安という方もいるかもしれませんが、実際は読書好きな方が集まっているだけなので楽しいことしかありません。また、繋がりが増えるので、おすすめの小説を教え合ったり、同じ小説のこのシーンが良かったという話をしたりすることが出来ます。それが何よりも最近は楽しいのです。
この前行ったオフ会では、恋愛小説ばかり読んでいる乙女な方やホラー小説に詳しい方などがいて、それぞれの楽しみ方をしている方たちを見ているとこちらも楽しくなってくるのです。
やはり小説を読むときや感想は誰かと共有するとさらに楽しくなるのです。読書が好きな方はおとなしいと思われることが多いのですが、オフ会に参加すると面白い方も多くて、それぞれ個性的な方が多いので、その分楽しみも多いです。
小説好きの偏見としてはおとなしいと思われることが多いですが、そういった方たちばかりではないのです。私ももちろん音楽を聞いたり、運動をしたりするのですが、小説も大好きなので、これからもこういったオフ会に参加してみたいと思います。同じ物語で感動を共有できた時などはとても嬉しいですし、楽しいですよ。

本に挑戦

読書=ダイエットの方程式

6月 8th, 2014
コメントは受け付けていません。

よく腹八分目といいますが、なかなかコントロールするのが難しいと思いませんか。痩せたいと思っていてもつい美味しいものが目の前にあると食べちゃうし、デザートなんかが出てきた日には別腹が生まれます。私は時間があると本を読んでいるのでそれも一つ悩みなんです。読書しながらお菓子をつまんでしまうのが癖で、気がついたらポテトチップス一袋とかチョコレート一枚とかすぐ無くなってしまいます。カロリーは高くても腹八分目ではないですよね、辛い事に。言うならば腹三文目ぐらいです。だからもっともっと食べたいんですがどんどんぶくぶく・・・。なので最近は読書中は食べるのを禁止しました。飲みはオッケーです。さっきも言ったように時間があると読書しているので、食べるのを禁止した事によってある意味ダイエットとなっています。最初のうちはちょっと口が寂しかったですが、慣れてくるとそうでもない。読書にも集中できるし、本も汚さなくて済む。結果オーライです。でもその分美味しいコーヒーや紅茶を買うようになりました。いい匂いがするとつい嬉しくなってしまうので。煎れ立てのコーヒーや茶葉から入れた紅茶をお供に毎日の読書を楽しんでいます。最近ではそのせいか、おいしいコーヒーの入れ方、豆の買い方、茶葉の種類などの本も読むようになりました。無駄な知識ほどありがたかったりするものです。

本に挑戦

定番料理たちと奮闘?OR上手く付き合う??

5月 28th, 2014
コメントは受け付けていません。

定番料理といえば!カレー、ハンバーグ、肉じゃがとかでしょうか。簡単そうで意外と難しい定番料理たち・・・。カレーは、まぁそのままつくればそれなりに食べれるものになるんだけど、一工夫したりしないと、美味しいといってもらえるものにならない気がするし、ハンバーグはぱさぱさになったり、うまくまとまらなかったり、食べた時に出てくる(はずの)肉汁が出なかったり、中が焼けてるか心配になりすぎて焼きすぎて黒焦げになったりするし、肉じゃがはシンプルな味だからこそ気をつけなくてはいけないと思うし、結構大変です!定番料理の本に載ってる「コツ」とか、「ひと手間」とか、「隠し味」とか見て、挑戦もしたことあるけど、これもなかなか上手くいかない・・・。行く事もあるんだけど、いつも全く同じお肉、全く同じお野菜というわけにはいかないので、なんらかが原因で上手く行く時と行かない時があるんです。そんな事を思うと、調理師さんとか、料理人とか、その時々の素材を見て合わせていく技術はさすがだと思います。一般の主婦の方もそうだと思います。あるもので何かを作ったり、好き嫌いのある家族の方もいるだろうし。それに合わせて工夫、なにか手を加えないといけない。天晴れです。自分の分だけ作ればいいってわけじゃないですもんね。それを考えると、今一人だから修行だと思ってもっと料理を勉強すべきか?それとも一人で楽に料理できる時間を適当に楽しむべきか・・・。悩みどころです。

フリー

怠ける時期、そんな時も必要です。

5月 13th, 2014
コメントは受け付けていません。

最近少し怠け気味の私です。休みの日でも、出かけるときには薄化粧してたのに、最近はそれもしない。理由はめんどくさいのと、お肌を休めた方がいいと聞いた事です。最初はすっぴんで出ることにそれはもう違和感と恐怖(笑)を覚え、ちょっと不安でしたが、慣れてくると、メイクしなくていいこの開放感になれてしまい、結構快適になってきています。夏場は日焼け止めだけ塗っていきますが、それ以外は朝のお手入れをしてそのままです。他には、頑張ってしばらく自炊をしてたのですが、ここ最近は、スーパーやコンビニでお惣菜やお弁当を買ったりして、ちょっと楽してます。その理由は、自炊してても、結局使えきれなくなって捨ててしまうお野菜とか出てきて、もったいない事をしてしまったり、色んなものをバランスよく食べたいとなると、お弁当やお惣菜の方がお手軽に摂取できる。最近のお弁当は栄養バランスのいいものもあるし、お値段もお手ごろだし、洗い物しなくていいし、とっても楽です。きっと、こういう怠ける時期があるんですよ。きっと、今は必要なんだと思っています。ずっとこんなわけにはいかないと思ってるし、だらけきってしまうのが嫌なので、そのうち自炊に戻して、冷凍できるおかずは冷凍保存したりするようにしようと思っています。ただきっと、今は疲れているんです。なので、そんな時はあまり無理せず、この時期を上手く乗り切っていこうと思います・・・。

フリー

折り紙を切って遊ぶ「切り紙」

4月 16th, 2014
コメントは受け付けていません。

甥っ子とその友だちと折り紙で遊んだのですが、普通の折り紙ではありません。折り紙を切って遊ぶ「切り紙」という遊びです。甥っ子が幼稚園で習って覚えてきたようで、夢中になって遊んでいましたので、私も混ぜてもらいました。お手本になる「切り紙」の本があるようですが、甥っ子はまだ文字が苦手なので、読めないところは私が読みながら指導することになりました。まるで先生みたいで、ちょっとした優越感です。
本の通りに切り方を教えてあげると、真剣な眼差しで折った折り紙をキレイに自分で切っていました。自分の子どもでもないのに、我が子のように成長に目を細めてしまいました。やっぱり子どもは可愛いですね。甥っ子は最近やっとハサミが使えるようになったのですが、それでも危なっかしくてハラハラしてしまいました。
最初は簡単なものから切り紙をつくることができたのですが、甥っ子はそれでは満足しません。最終目標は「雪の結晶」を切ることなのです。しかしこれは折り方の行程も複雑で、切るところもたくさんあり、とても細かいので甥っ子には無理なのです。説明しても無理なので、ほとんど私がやってしまって最後のハサミを入れるだけのところを甥っ子にやってもらいましたが、まるで自分が作ったかのように満足してもらえました。とっても楽しかったです。

フリー

手帳を使って日記をつける

4月 5th, 2014
コメントは受け付けていません。

手帳で日記をつける人の割合って、けっこういるみたいなんです。手帳と日記帳を別々にすると、必ず日記をつけるのを忘れてしまう人のために、あえて書くスペースの多い手帳を持って、ここに日記を直接書いてしまうというものです。この方法はある本の記事で知ったのですが、とても便利な方法だと思いました。友人に聞いてみると、すでにこの方法で日記をつけている人が何人かいました。
手帳を日記代わりにつけるメリットは、外出先でもすぐ日記が書けるということです。喫茶店で休憩中にちょっと手帳を出して、そのまま日記を書き込んだり、ランチ最中に日記を途中まで書いて、夜にまた続きを書く分割書きをしたりもできるから、ほとんど忘れることがないのだそうです。
これはとても便利な方法で、私もさっそく真似しようかと思って、経験者の方に日記のつけかたなどを聞いてみました。しかし、手帳日記にもデメリットはあって「落とした時に他人に読まれてしまう」ということでした。落とすというより、会社にそのまま忘れてしまって同僚に読まれてしまうという事件が何度かあったようです。
でも注意点を最初に聞けた私はラッキーです。これらのことに注意しながら手帳で日記をつける習慣をつければ一生モノの宝物になること間違いなしです。

本に挑戦

日帰り旅行の道中は読書三昧

3月 28th, 2014
コメントは受け付けていません。

会社のメンバーで日帰り旅行に行ってきたのですが、旅行というか読書ツアーみたいになってしまったのです。行き先は近場の観光地なのですが、予算の都合で宿泊できないとのことだったので参加に迷ったのですが、結果は参加してきて良かったです。旅行先はあまり若者は興味をもたないような場所だったので、私も最初はあまり期待していなかったんです。だから行き帰りの道中は、電車やバスの中で小説でも読んで読書を楽しんでいればいいかな、って思っていたので、本をたくさん持っていきました。
しかし、私と同じように思っていたメンバーは数名いたようで、みんな小説やゲーム機など、移動中の暇つぶしになるようなものを持参してきていたのです。なんかちょっとだけホッとしてしまいました。
移動中は各自、読書したりゲームしたりでした。また読み終えた小説を交換しあう人もいたり、ゲームで対戦したりする人もいて、旅行先の目的よりこっちのほうが結構楽しかったりして、盛り上がってしまいました。
私はずっと読書ばかりしていたのですが、数冊持参した本も読みたいという人が出てきて全部貸してしまったのです。なんだかみんなで読書三昧になってしまったような日帰り旅行でした。

フリー

手作りガイドブックで台北旅行

3月 11th, 2014
コメントは受け付けていません。

友だち4人と台北旅行に行ってきたのですが、ガイドブックがメンバーの一人の手作りガイドブックでした。とてもイラストが上手で手先の器用な子がいるのですが、彼女が作ってくれたのです。
台北旅行は3泊4日と短い期間だったので、コースをあらかじめ決めておかないと、目的の観光地を全部回れないのです。その場でどうするかなんて迷っている時間もなく、時間通りに行動しなくてはならないので、重たいガイドブックは必要なく、コース通りに選抜して手作りしてくれたのです。
でも、この手作りガイドブックがとても便利でした。出発時間や集合時間も記載していてくれて、休憩も「この場所で何分間」という指定もありました。最初は「こんな規則的に回れるのかな?」なんて窮屈に思ったのですが、旅行が終わってデジカメのデーターを見たら、あの短い期間にたくさんの観光地を回れて、夜市の美味しいグルメも味わえて、台湾伝統の楽しいおみやげもたくさん買えたので、とても充実した3泊4日でした。
このステキなガイドブックは、私の宝物になりました。作ってくれた彼女は毎日徹夜して私たちのために頑張ってくれたということを知って、感謝感激です。もし次に友だち同士でツアー旅行に行くことになったら、私も真似して作ってみようと思いました。

本に挑戦