おもしろいケータイ小説を見つけたら、そのまま一気に読んじゃう!手軽で読みやすいし、作家さんや他のファンの人と交流も取れたりして、なんだか小説がもっと楽しく読めちゃう気になります。

ちびっことデート

1月 24th, 2015
コメントは受け付けていません。

今日は、従妹の子どものHちゃんを預かり、朝からデパートにお出かけしました。屋上に小さい遊園地があるので、4歳のHちゃんは大喜びでした!一緒にミニSLに乗り、私も大人げなくはしゃいでしましました(笑)一通り遊んでベンチでソフトクリームを食べていると、ポツポツと小雨が。そういえば天気予報で雨マークがついていたのを思い出しました。天気予報は見たのに、傘は忘れてしまったという不覚。私はともかく大切なHちゃんが濡れてしまっては大変なので、とりあえずデパートの中に入って雨宿りをすることにしました。
屋上の下のフロアには大きな本屋さんがあるのですが、毎週末いろいろなワークショップをやっているのです。今日は親子向けに工作のワークショップがやっていて、Hちゃんに確認したところ「やりたい!」と興味津々でした。ワークショップコーナーには6組ほどの親子がいました。私とHちゃんもきっと親子に見えたかもしれません^^;
今日の内容は「くまさんちょきんばこの色塗り」でした。これならあまり器用でない私もできそうだったので安心しました。素焼き、とか呼ばれるものだったと思います。専用の絵の具を使って、くまさんを塗り塗り。Hちゃんは貯金箱とにらめっこしながら、1時間たっぷり塗っていましたよ。
できあがった貯金箱を持って外に出ると、雨もあがっていました。おみやげの貯金箱を大切そうに抱えるHちゃんが可愛かったです。子どもと出かける休日も楽しいですね。

本に挑戦

伊豆旅行の思い出

1月 8th, 2015
コメントは受け付けていません。

昨日、友達からメールがきました。先日のお休みに一緒に出掛けた伊豆旅行の写真をたくさん添えて!友達は最近一眼レフの良いカメラを買ったらしく、写真を撮ることにハマっています。カメラの値段を聞いたところ10万円近くすると知り、とても驚きました…!一眼レフってそんなに高級なのね。でも、送られてきた写真を見ると、やはり携帯で撮った写真より遥かに綺麗。私もうっかり一眼レフに手を出してしまおうかと心が揺れました(笑)
彼女が撮ってくれた写真の中でも特にお気に入りの1枚は、手作り体験工房で押し花のしおりを作っているところです。伊豆にはたくさんのクラフトショップや体験工房があり、吹きガラス体験や陶芸、フラワーアレンジなんかができるんです。この日、私たちが体験したのは1時間ほどで完成する押し花のしおり作り。他にも、ドライフラワーのリース作りのコースなんかもあったのですが、友達も私もよく読書をするので、せっかくだから普段使えるものを作ろうと決めました!工房の先生が丁寧に教えてくれたので、とても素敵なお花のしおりが完成しましたよ。さっそく家に帰ってから使っています。これまで押し花やアレンジメントの世界には無縁だったけど、お花をいじっていると不思議と心が穏やかになるんですね。送ってもらった写真を眺めながら、楽しかった当日の出来事を思い出しています。

フリー

いくつになっても直さなくてはいけない事はなくならないもの

12月 23rd, 2014
コメントは受け付けていません。

とっても美人のお友達。その外見からか、ちょっとつんけんしてそうと思われがちですが、実はとってもさばさばしていて、話もしやすく嫌味がないとてもいい彼女。趣味はマンガを読むこと、漫才をみて大笑いする事など想像つかない事が大好きで、そのギャップと素直さに友達としてもとても惹かれる子です。結構さっぱりしてるんだねといわれる事もあるそうですが、ポジティブ思考な彼女はお褒めの言葉として受け取っているようです。何事にも前向きなので、自分も少しでもそんな風になれたらいいなと思います。類は友を呼ぶといいます。自分自身を、憧れる又はこうなりたいと思える友達と一緒に居れるようにする事はとても良いことだと思います。逆にこんなことは駄目だと思う事をする子がいたとして、それは相手は鏡として自分の行動を見直せるように考えれたら良いと思います。お互いがお互いを良い方向に向かせる事ができたら、友達としても人としてもとても素晴らしい事だと言えるのではないでしょうか。いくつになっても直さなくてはいけない所は誰にでもあると思います。気をつけるのとつけないのとでは違います。世界中のみんなに好かれるのは無理だと思うけど、自分の周りの人たちが、自分と一緒にいることで不快な気持ちにならないよう気をつけたいです。

フリー

たかがペン、されどペン

12月 9th, 2014
コメントは受け付けていません。

仕事でボールペンをよく使いますが、すぐ駄目にしてしまうことが悩みです。もう少し大切にしなきゃなあと反省しています…。私のそんな姿を見て、同僚が一言アドバイス「良い文房具を持つと、大切に使えるよ」と。たしかに、その同僚が愛用しているペンを見てみたところ、ピカピカでかっこいいボールペン。そうか、良い文房具を持つと大人っぽく見えるし、大切に扱うことができるのかもしれませんね。
同僚のアドバイスを受け、さっそく駅前の大型書店へ行ってみました。ガラスのケースに入ったボールペンを眺めていると、店員さんが「贈り物ですか?」と聞いてきました。「自分用です…」と答えた私の顔が少し恥ずかしそうだったのか、「ご自分用にペンを買われていく方、多いんですよ」と丁寧にフォローしてくれました。そうなんですね。
お値段もピンキリ。数万円する万年筆もあって驚きました。社長が持ったりするのかな…。良いボールペン、しかし手頃なものを選ぼうと思い、白いボディの2000円のペンを購入しました。2000円のペン、なかなか高級だと思います。
さっそく仕事で使ってみたところ、とても書き味が滑らかなので驚きました!なるほど、同僚が言っていたことも納得です。これは大切に使いたくなります。

フリー

図書館で世代間交流

11月 27th, 2014
コメントは受け付けていません。

家の近くにお気に入りの図書館があります。2階建てのこじんまりした図書館なのですが、集中して勉強したり読書ができる環境なのでよく使っています。先日も足を運んだところ、小さい子どもたちとお母さんがたくさん集まっていました。図書館に小さい子どもがたくさんいる光景ってあまりないですから何事か?と思いました。
どうやらその日は読み聞かせの会がある日だったようです。近所のボランティアの方たちが、紙芝居や絵本を読んでくれるのだそうで、20組近い親子が遊びに来ていました。たしかに、図書館の階段にそんなポスターが貼ってあったかも。よく使う図書館ですが、読み聞かせの会に遭遇したのは初めてです。月に1度の頻度で開催しているみたいですよ。
読み聞かせだけでなく、そのあとは工作のワークショップなんかもやっていて何やら楽しそうでした。私は子連れじゃないので後方でチラ見することしかできませんでしたが、近所のおばあちゃんとおじいちゃんが小さい子どもたちに折り紙を教えている様子が見えましたよ。こういうのって素敵だなあと思いました。
今は、おじいちゃんおばあちゃんと同居している家族も少ないですからね。こういう場所で地域の年輩の方と小さい子どもが接することができているんだなあと勉強になりました。ボランティアの方々も、まるで孫のように可愛がっていました(笑)癒される光景です。

フリー

本屋さんの楽しみ方

11月 13th, 2014
コメントは受け付けていません。

本屋さんってただ単に本を購入するだけのところではありません。ほかにもいろいろな楽しみ方があります。
そのうちのひとつは、これは多くの人がしていることかもしれませんが「本の立ち読み」です。以前は主に雑誌等で立ち読みができないようにすずらんやテープで縛られていたりしましたが、最近では少なくなり多くの書店で大体の本が立ち読みできるようになったと感じています。定期購読している人にはあまり関係ないかもしれませんが、欲しい情報が載っている時だけ買いたいという人にとっては、内容を確認してから買えるというのは嬉しいですよね。
雑誌や料理本などは立ち読みによって情報を確認して、気に入ったら購入すればいいしょう。ただし、情報を仕入れるだけ仕入れて買わないというのはマナー違反だと思っているので、立ち読みするときには必ず買う前提であることが私の中のマイルールです。
立ち読みといっても内容を読むのではなくブラブラと本棚の周りを歩いて「世の中にはこんな本がでまわっているんだ!!」と本のタイトルだけを見てい感心するのもありかもしれません。また最近は大きな書店では特に、書店付属のBOOKCAFEをやっているところもあり、本屋の中の好きな本をカフェに持ち込んで好きなだけ読んでも良いというシステムも増えてきたようですね。不意に暇な時間が出来てしまった時などはこのように本屋に足を運んでみると楽しいですよ。

本に挑戦

読み終わった本の感想を語りたい

10月 23rd, 2014
コメントは受け付けていません。

私は、書くことが大好きです。そして、インターネットの類も好きです。
パソコンでも、スマートフォンでもあまりこだわらないで、利用することができます。本を読むことが好きなので、いつも何かしら本を読んでいます。読んだ本については、身近な本好きの友達と話すことはありますが、それも毎日毎回話すことができるわけではありません。特に、社会人になってからは単なる友達と会うことも難しくなってきました。メールや電話もありますが、そこまでして本について話をするのも…と思ってしまいます。
けれども、映画を見た時にすぐ連れの人と感想を語り合いたいように、本を読み終わった後には、誰かにこの感想を話してしまいたい衝動に駆られます。
そこで、ブログを開設して自分の読書記録をつけるとともに、簡単なレビューを書くことを思いつきました。自分の好きなものを好きなだけ読んでいますので、ジャンルは偏ってしまいます。しかし、これは趣味であって仕事ではないので、気にしないことが一番です。
さっそく開始してみましたが、これがなかなか楽しいのです。今はパソコンからだけでなく、スマートフォンから更新することもできます。ですから、電車の中で読み終わった本も、その場で感想を書くことができるのです。不特定多数の人に見られるブログだからこそ、文章にも気を遣いますが、誰かが私が面白いと思ってくれた本に興味を持ってくれれば…と密かな期待もしているのでした。

本に挑戦

やるべきことはさっさと済ませて一人の時間を満喫

10月 7th, 2014
コメントは受け付けていません。

一人で過ごす時間では何が一番好きですか?ソファーでのんびり、カフェでのんびり、読書に没頭、ネットサーフィン、好きなお菓子とドリンクでテレビを観たり雑誌を読んだり、時間を忘れひたすらこつこつパッチワークやクロスステッチ、編み物などなど挙げだしたらきりがありませんが、最近の私の一番好きな時間は、休みの日でもいつでもふとゆっくり時間が取れるとき、図書館で借りてきた本をぱらぱら眺める事です。好きそうな本をたっぷり借りてきてまずさらさらっと流し見ます。その中で気に入った物が見つかった時はそのまま読書タイムへ入ります。好きなチョコやおせんべいがあると更にハッピーですね。誰かに見られているという見た目を気にせず、ちょっとラフな格好でいれる事ものんびり出来る要素だと思います。彼氏と一緒の時間や旦那さんやお子さんが一緒にいると、そんな風には行きませんよね。一人の時間って、なんだか寂しそうな響きだけど、結構大事だと思います。明日は特に予定が入っていないので、図書館へ新たに本を借りに行って、そのあとコンビニとスーパーでお菓子を買って帰ってきて、のんびりする予定です。やらなきゃいけない家事もありますが、数時間で終わらせて、後は自分の時間を楽しみます。

本に挑戦

無駄のないコスメ作りを目指して

9月 22nd, 2014
コメントは受け付けていません。

手作りの基礎化粧品関係は、防腐剤やカラーリングなどのお肌によくないものが省けて作れるのでいいと聞いてから、たまに作るようになりました。たまには市販品の物を使ってみたいと思う時もあるので、それ以外の時は作る事にしています。かといって自分でつくれるほど知識が無いので、よく図書館へその手の本を借りに行きます。いろんな作り方やコンビーネーションがあって意外と面白いです。
ただ、作り始めて思ったのが、ただ自分用だけだと買う材料が使いきれないという欠点にも気づきました。1グラムだけとか、5ミリだけといった少量の用途なのに、買うときは30ミリとか50ミリといった量でしか買えないのが難点です。なので最初のうち、使い切れなくて捨てる事が多くて、結局高くついていた事がほとんどでした。まぁ楽しみ兼お肌の為と思って楽しんでいたのでいいのですが、そのうちやっぱり勿体無いとおもいだして、色々作っては友達におすそ分けする様にしています。もしくはあまり物を混ぜてなんちゃってボディクリームにして毎日お風呂上りに使ったり、ヘアパックにして使ったりして無駄のないように頑張っています。今度は今まで挑戦した事の無い、バラの香を使って何か作ってみようと思っています。

フリー

夢は夢、自分は自分

9月 6th, 2014
コメントは受け付けていません。

大好きな物語の主人公に、自分を当てはめてみたりしたことありませんか?本でもテレビでもマンガでも映画でも何でもいいんです。理由は何でもいいんだけど、例えば物語の流れが好きで主人公になりきりたいとか、好きな役者さんがでているから自分もでいたいとか、原作が好きな本だから少しでも関わりたいとか、自分とあまりに違う境遇過ぎて面白そうで主人公になってみたいとか、理由はともあれそんなことって誰しも一度はあると思うんです。小さい頃、純恋愛物に憧れて、こんなステキな恋愛がしたい、こんな風に告白されてみたい、こんな出会いをしてみたいと思ったことはたくさんあります。大人になって、社会にでて働く女性が出ている本やドラマ、映画なんかをみては、こんな強い意志を持った女性になりたいとか、あんなかっこいい女性になりたいとか、いくつになっても願いはあるものです。
それなりにやりたいことはやってきたと思うし、それなりに幸せに生きてきたと思います。でもいつまでたっても隣の芝生は青く見えるもんなんですね。でも隣(夢)は隣、自分は自分です。あまり夢を抱きすぎて現実逃避しないよう、夢を追いかけすぎて自分を忘れないよう、いくつになっても自分を磨けていけたらいいなと思います。

本に挑戦