Archive

Archive for the ‘本に挑戦’ Category

楽しいを探すこと

7月 17th, 2018
コメントは受け付けていません。

私は毎日の仕事が楽しいかと聞かれたら、迷わず「YES」と答えます。もちろん、嫌だなと思うこともあるし、めんどうだと感じることもあります。口にはしたくないけど、逃げたいと思うことだって全くないとは言えません。それでも、振り返ってみると、マイナスな気持ちは全くないんです。
先日、こんなコラムを読みました。同じ環境で同じように仕事をしていても、楽しいと感じる人とそうでない人がいるんだと。どうせ同じ時間を過ごすなら楽しいと思いたいですよね。そのコラムには、そう思えない人へのアドバイスが書かれていました。自分が楽しいと感じることを書き出すんですって。趣味でも何でも。仕事でそんなことを感じたことなんてないと思うなら、今まで本当に一度もなかったのかと考えてみればいいそうなんです。そうやってじっくり考えてみたら、過去に褒めてもらった時や何かで成功した時など、思い出すかもしれないんだって。そして、ジャンルは問わず書き出したことを、今度はそれらの要素の共通点を探すんだそうです。そして、その要素の共通点を仕事に生かせないかと考えてみればいいらしいんです。そのコラムには仕事を楽しいと感じる力は全ての人に備わっていると書いてありました。その要素さえ見つければいいんです。そうすれば、きっと何かが変わったと思えるんですって。

本に挑戦

ちるちる・みちる

5月 30th, 2018
コメントは受け付けていません。

『チルチル、ミチル』と言えば、かの有名なメーテルリンクの『青い鳥』に出てくる兄妹です。子供の頃に何度も読みました。絵本の挿絵も覚えています。けど、先日、ある記事を見かけたら、そこには『チルチルとミチル』が出てこない『ちるちる・みちる』と書いてあったんです。思わず「なんだそりゃ」という気持ちで記事の続きを読んでしまいました。それは、山村暮鳥の童話集で、大正9年のものらしいです。それを昭和49年にほるぷ出版が復刻していて、古本屋さんでよく見かける本なんだそうです。記事にはその本の写真も載っていたんだけど、水色の表紙がなかなかオシャレでした。背表紙には『ヤマムラボチオ』と書いてあり、それもイイ味を出しています。
その記事では『ちるちる・みちる』の童話集についてどんな物語が収められているのかを紹介してたんだけど、その内容が衝撃というか、あまりに童話っぽくなくて驚きでした。大人向けのブラックジョーク集といった感じなんですもの。夢やファンタジーっぽいものはなくて、生きていくための現実の厳しさや辛辣さ、残酷さが淡々と綴られているようなんです。どれも短いお話なのに、童話独特の優しさや救われるところが全くなく、厳しい現実のまま終わるんだそうです。記事の筆者も大正時代の子供はそれを読んで何を思ったんだろうって書いていました。興味あります。なんだか奥が深い内容なんじゃないかなって思えますもの。今、古本屋さんで探しています。

本に挑戦

植物は文学が好き?

5月 17th, 2018
コメントは受け付けていません。

職場に置いている鉢植え。同じ時に買ったもので同じくらいの大きさだったのに、その成長に随分差が出てしまったんです。棚の上に3つ並べて置いていたのに1つだけが異常に成長していて、どんどん大きくなるから鉢もひと回り大きいものに植え替えました。一番、音楽がよく聞こえるところに置いてた鉢だから、音楽を聴いて伸びたんだと思うんです。野菜だって音楽を聞かせると美味しくなるって言いますものね。あまりに差が出たから場所をローテーションしてみたんだけど、なんだかもう勢いがついちゃって、成長が止まらないって感じだったんです。もうすぐ天井に届きそうで、『ジャックと豆の木』を思い出さずにはいられません。仕方なく、先日、半分くらいのところでカットしたんです。枯れないようにとお水を沢山あげて、「ごめんね、このままだと天井に届いちゃうのよ」って声を掛けて。枯れてしまわないかどうか心配だったけど、大丈夫でした。それどころか、カットしたすぐ横に新しい芽が出てきたんです。元気なことは嬉しいけど、「まだあきらめないで上に伸びようとするとは!」とビックリでした。その時、あることを思いついたんです。あとの2つの鉢植えに朗読を聞かせてみたらどうかなって。2つを別の場所に移動しました。毎朝の掃除の時に、何か小説の一節を聞かせるんです。彼らには音楽ではなく文学の効果を確かめてみようと思っています。これからが楽しみです。

本に挑戦

ほんとうは『お姉ちゃん』

4月 21st, 2018
コメントは受け付けていません。

ここ数ヶ月に読んだ小説に何度か出てきたのが、登場人物の心と体の性が異なるというものでした。どれも登場人物に寄り添って丁寧に描かれていました。心と体の性が異なるって想像しただけで、どんなに苦しいだろうと胸が痛くなります。なんとか力になりたいって思います。
今読んでる小説に登場している男子中学生もそうなんです。ある日、妹の友達の前で初めて本当の自分の姿をさらけ出すんです。その子に手伝ってもらいながら、スカートとキャミソールに着替えるシーンには本当に心が痛くなりました。私のイメージでは彼はドラえもんのジャイアンのような外見の中学生です。でも、彼の心は誰よりも乙女だと思えるんです。サイズがちょっとキツイと言いながら、なんとか着替えようとします。みんなが普通に過ごしている毎日がどんなに辛いだろう、悲しいだろうってその気持ちを考えたら涙が出てきます。小学生の妹の友達も、実はその子が主人公なんだけど、それまでは「お兄ちゃん」と呼んでいたのに、素直に「お姉ちゃん」と呼ぶんです。小学生の彼女は可愛そうだからとか、仕方なくなんていうことではなく、「お姉ちゃんって呼んで」と言われた瞬間から、きっとそれが正しいんだと感じ取るんです。だから、本当に自然に「お姉ちゃん」と呼ぶんです。でも、それが二人の秘密だってことは十分に理解しながら。「お姉ちゃん」になった男子中学生は後半、どこかに姿を消すんだけど、小説には『彼女』の心のうちを一切書いてないんです。淡々と主人公との二人の時間での事実のみが綴られているから、なおさら心に響きます。『彼女』は自分の世界を見つけることができたんだろうかと身内を心配するような気持になりました。この物語には他にも様々な問題が散りばめられていて、『自分には何ができるんだろう』と自問自答させられる作品なんです。

本に挑戦

隣の女の子が突然

12月 6th, 2017
コメントは受け付けていません。

先日の仕事帰りのことです。いつもより少し遅くなって、けど、それが幸いしてか電車で座れたんです。一日の疲れが足にキテたからホッしました。そして、読書タイムも確保できたから、遅くなるのも悪くはないなって思ったんです。私の隣には大学生くらいの女の子が座っていました。しばらくして私が本を読んでいたら、なんとなく肩に重みが……。そうなんです、隣の彼女が寝てしまったみたいで、私にもたれてきていたんです。こういうことって、よくあるんですよね。どうしてみんなそこまで寝込めるのかと、いつも不思議に思うんです。せっかく座れたのに、ちょっと本が読みにくいなって思っていたら、何を思ったのか彼女が突然カパッと起きたんです。内心「良かった」って思っていたら、今度は隣の彼女が気になって気になって。だって、ものすごい勢いでお化粧を始めたんですもの。帰りの電車っていう認識だったから、まさかお化粧するとは思いませんでした。まぁ、彼女はこれからお出かけなのかもしれませんけど。それにしても、下地から塗り直してる気配で、ビックリ。そういえば、電車の中でのお化粧って色々言われたりもしますよね。賛否両論だけど。私からすればダメだとかイイとかっていうより、周りの人から見られてても平気なところとその集中力には脱帽かな。けど、私には無理です。

本に挑戦

読書日和はどこへやら

10月 26th, 2017
コメントは受け付けていません。

この前のお休みの午後、久しぶりに何の予定もなかったから読書日和だとのんびり過ごしていました。「いつもならコーヒーだけど今日は紅茶にしてみようかな」なんて、友人からお土産にもらったフレーバーティーとクッキーを用意しました。読み始めたばかりの小説に集中できるし、なんて素敵な休日なんだろうって幸せを感じていました。しばらく小説のページをめくり、紅茶のカップに口を付けたその時、ふと気づいたんです。カシャカシャという音に。見ると、ワンコが寝っ転がりながら左手を頻繁に頭の方に動かしてるんです。どうやら、耳をかいているような……。「ん?」と疑問に思った私は、カップと本を置いて、ワンコに近づきました。「わぁ! いつのまに、こんなになってたの?」と驚きました。左耳が真っ赤になっていて、黒いツブツブの垢のような物がべったり内側についているんです。大変! 病院に行かなきゃ。とりあえず、コットンで耳の中を拭いて、夕方の診察時間に合わせて連れて行こうと決めました。診察時間までまだ時間があるものの、落ち着いて本なんて読んでいられません。のんびりの休日は一変です。
病院に行って診てもらうと、外耳炎でした。けど、奥の方までは炎症がなかったから一安心。耳を洗ってもらってお薬をもらって帰宅しました。でも、あぁ、私の読書日和はどこへやら。

フリー, 本に挑戦

予知能力かも

5月 25th, 2017
コメントは受け付けていません。

先日のお休みの日、朝早くからうちのワンコがお散歩の猛アピール。まぁ、セットしてるアラームより毎日早くに鳴き出すから、本当はアラームも要らないくらいですけどね。でも、その日はいつもよりさらに早かったんです。お休みだったからちょっとはゆっくり寝ていたかったのに、です。突き刺さるような視線と鳴き声で、寝てなんかいられませんでした。仕方なく起き出して、まだ早いのに……って思いながらお散歩に出たんです。ワンコはもう待ってましたとばかりに走り出しました。そんなに走らなくてもいいのに。そしたら、家を出て2,3分でパラパラと雨が降って来たんです。わぁ、大変って、お散歩はササッと済ませて帰って来たんだけど、その時に思ったんです。「もしかしたら、雨が降り出すのをわかっていて早くにお散歩を催促した?」って。だって、そのタイミングが偶然だとは思えなかったんだもの。うちのワンコは雨がキライだから。動物には予知能力があるっていう記事を読んだことがあります。特に地震に関しては何度も読んだことがありますし、よく言われていますよね。地震の数日前にイヌやネコがものすごく鳴いたとか、落ち着きがなくなって怯えたとか。カラスやトンビ、鳩が騒ぐという記事も読んだことがあります。であれば、もしかしたら、雨も予知できるんじゃない? そうです、天気予報。イヌにそんな能力があるなんて聞いたことがないけど、それはまだ発見されてないだけかも。

本に挑戦

一流の人は読書をしている

4月 30th, 2017
コメントは受け付けていません。

私は家でも通勤電車の中でも小説を読んでいます。たまに自己啓発の本や雑誌にも目を向けますけどね。先日、こんな記事を見かけました。世の中で仕事がデキる一流の人はその読書量が膨大だという記事です。どんなに忙しくても、その中で時間を見つけて本を読み、勉強しているというのです。一方、仕事がデキない人は時間があってもそんな努力をしていないんだとか。一流のビジネスリーダーと二流エリートの差は、収入や資産ではなく、いかに本に向き合うかどうかの差が大きいのだそうです。これは学ぶ意欲があるかどうか、そして、学ぶ習慣があるかどうかの違いなんですって。常に新しいことを学び続ける習慣が大きな差を生むんだそうです。でも、勉強になるものばかりを指しているわけではないんです。仕事がデキるリーダーだって、漫画や雑誌を読んでる事も多いらしいんです。勉強になるものとリラックスするものとをちゃんと使い分けてるのかもしれません。そんな風に頭を切り替えできるのも、一つの優れた能力に違いありません。
また、話題になっている本や売れている本ばかりを選ぶのではなく、自分なりの価値観で選ぶことにも意味があるんですって。でも、自分の偏見を助長するのではなく、視野や視点を広げることが大事なんだそうです。
たまにはその記事を参考に、一流の読書を試してみようかな。けど、やっぱりいつもの小説はやめられません。

本に挑戦

長いのは苦手

7月 27th, 2016
コメントは受け付けていません。

この前、あるコラムを読んでとっても嬉しくなりました。なぜって、私が思ってることと同じことが書いてあったから。それは、小説の登場人物の名前が長いと全然覚えられないってことなんです。特にそれが外国人の名前なんて日には、もうお手上げです。「これは誰?」「この人、出て来たっけ?」なんて、何度前に戻ることか。コラムにも、名前が長すぎて、ストーリーが頭に入って来なくて困るって書いてあったんです。本当に同感。昔、ドフトエフスキーを読んだ時には、登場人物の名前を書いて相関図を自分で作成しながら読まなきゃならなかったんだもの。今となっては、外国人の長い名前の小説は自然と避けるようになってしまっています。もちろん、日本の物でも長い名前もありますけど、外国人のそれよりはまだ頭に入ります。どうもカタカナの長い文字列を判断する脳みそが欠損しているみたいです。
でも、そういえば、漢字の良く似た文字列も苦手かも。歴史上の人物では、源の誰々とか、徳川誰々とか、名前の漢字が一文字しか違わない人が沢山います。思えば、日本史のテストの時、その区別も苦手でした。だから、たまに読む歴史小説もメモに頼りながら読んでいたりします。こういうのって、みんな平気なんでしょうか。小説の人物の名前は、お願いだから短くて簡単なものにしてください。太郎や花子でなくても、キラキラネームでも構わないから。あくまで個人的な意見ですけど、これって。

本に挑戦

ただいま解読中

6月 29th, 2016
コメントは受け付けていません。

パソコンに向かうことが多いと、ほんと肩が凝ります。ちょっとした時間にストレッチをしたりして気を付けているのに、いつの間にか肩がキーンってなってしまってるんです。たまに行くエステやマッサージでの癒しの時間もいいんだけど、そんなにしょっちゅうは行っていられないし、一回行ったからって完全に解消するものでもありません。日々のストレッチをこまめにするしか方法はないかなって思っていました。
そしたら、この前、すごい物を見かけたんです。外出先で少し時間があったから近くの本屋さんに入ってブラブラしてた時のことです。私の目に飛び込んできたのは『体の大地図帖』っていう大きな文字。表紙のイラストも印象的でした。なんの本かと思って手に取ってみると、なんとツボの本だったのです。ツボかぁ。小説とはかけ離れていて、普段ほとんど興味のない分野です。けど、その時の私がページを開いてみる気になったのは、間違いなく肩こりのせいです。そして中を開いてみてビックリ。ツボってこんなに沢山あるの?体の大地図帳って、いやぁ、ホントに日本地図に匹敵するくらい細かい。肩こりに効くツボは?って探して、少し立ち読みしてしまいました。でも、あいにくそのツボをその場で押すことはさすがにちょっと恥ずかしい。あまりにも細かいし、沢山あるし、実際に押してみないとわからないし……。
そんなわけで、本屋さんを出るときには、荷物がひとつ増えてしまっていました。そして、現在、大地図帳を解読中です。

本に挑戦